なぜパルスオキシメーター(血中酸素濃度計)が必要なの?

未分類

コロナが世間を騒がすようになって、パルスオキシメーター(血中酸素濃度計)という言葉が話題になり始めました。

パルスオキシメーター(血中酸素濃度計)は、その名の通り、血液中の酸素飽和度をはかる機器です。呼吸により体に酸素が十分とりこめているかどうかの目安となります。

ですから、自宅療養の人は定期的にパルスオキシメーターで血中酸素濃度を計測する必要があるんですね。コロナで肺炎になって肺がダメージを受けると、肺から血液中に酸素が十分に行き渡らず、体内の酸素飽和度が低下します。そこで、血中酸素濃度の測定は、新型コロナ患者の病状の判断目安として用いられています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました