登山に必須?パルスオキシメーター

富士山の登山シーズンとなりました。今年は3年ぶりの制限なしということで、多くの人が登山しているようです。

高山を登る際に、パルスオキシメーターを持ち歩く人もいますね。山の高い場所では酸素が少ないため、血中酸素濃度を知ることで、高山病対策になるのかもしれません。これから高い山へ登ろうとしている人は、パルスオキシメーターを1つ持っておくと良さそうです。

最近はコロナがまた増えてきましたが、以前のような重症化することは少なそうです。私の周囲でもちらほら感染者が出ていますが、それれほど重症化というわけではないようで、パルスオキシメーターもそれほど必要ではなくなってきているのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました